イヤホン

【AVIOT TE-BD21j-pnk レビュー分析】やっぱりピヤホンが最強。1万円台でワイヤレス最高クラスの音質を。

今回紹介するのはAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j」と「TE-BD21j-pnk」です。

ノイズキャンセリング非搭載でありながら非常に人気のあるイヤホンで、音質に関する評価がかなり高いモデルになっています。

最近リリースされたイヤホンの中では比較的尖ったイヤホンなので、この記事を通して自分に合ったイヤホンかどうか確認してみてください。

AVIOT TE-BD21jとは?

TE-BD21j」はAVIOTの完全ワイヤレスイヤホンの中でも特に音にこだわったモデルです。

通常版とコラボ版の2種類があり、「TE-BD21j」が通常版で「TE-BD21j-pnk」がロックバンド「凛として時雨」のピエール中野さんが制作に携わっている「ピヤホン」と呼ばれるモデルになっています。

ピエール中野さんとAVIOTのコラボモデルはこれまでにも出ていて、今回が3作目。

基本的な構成はどちらも同じですが、コラボ版はピエール中野さんがチューニングしたサウンドを楽しむことができるのが特徴です。

通常版・ピヤホンのどちらも非常に人気があり、音も2万円台を切るイヤホンとは思えないクオリティのイヤホンです。

基本情報

TE-BD21j
ドライバー φ8mmダイナミック型及びバランスドアマチュア型ドライバー によるハイブリッドタイプ
最大連続再生時間 9時間
最大通話時間 6時間
イヤホン本体 充電時間 約1.5時間
充電ポート USB Type-C
防水規格 IPX4
Bluetooth 5.2
対応コーデック AAC,SBC,Qualcomm® aptX™ ,Qualcomm® aptX™ Adaptive

AVIOT TE-BD21jの特徴

先にレビュー分析の結果を一言でまとめるなら、以下のようになります

レビュー分析の結論

音質に関しては最高クラスのイヤホン。

とにかくポップスやロックを良い音で聴きたい人であれば「ピヤホン3」を買っておけば間違いないはず。

要素別レビュー分析結果

今度は「TE-BD21j」のレビュー分析結果を主な要素別にまとめました。

より詳しく知りたい方は下に記事ごとのまとめを載せているので、そちらも見てみてください。

デザイン・付属品

・ジュラルミン製のケースで高級感のある見た目。持っていて気分が上がるデザインになっている。

・フォームタイプのイヤーピースが付属されているため、遮音性やフィット感を上げることが可能。

装着感

・装着感は前作のピヤホンよりも向上。

D01Mには劣るものの、まずまずな装着感。

アプリ

・ピヤホン3はアニメ『PSYCHO-PASS』の主人公である常守朱(CV花澤香菜)がガイダンスしてくれるので、かなりテンションが上がる。

・ボイスガイダンスはアプリでドミネーターの声にも変更可能。

音質

・解像度が非常に高く生のライブに近い音が楽しめる。

・前作よりも高音が聴き心地のいい音に進化しており、長時間聴いていても聴き疲れしにくい。

・ピヤホン3はより低音域がクッキリしているサウンド。

長所

・とにかく音が良い。3万円台のイヤホンと比べてもまったく引けを取らないサウンドで、ノイズキャンセリングがいらない人なら最高のイヤホン。

・人気もあって見た目も良いので所有欲が満たされる。音楽好きにおすすめの一品。

気になるところ

・外音取り込み機能は期待しない方が無難。高音を拾い過ぎるため、耳障りに感じる可能性あり。

・ノイズキャンセリングがないからこその低価格。でもやっぱりノイズキャンセリングは欲しい。

セゴリータ3世

▼超人気すぎて高値取引されているAviotの「TE-BD21j-pnk」と「TE-BD21j」を使い続けて分かった真実を包み隠さずレビュー!買うか迷ってる人はコレを見れば全てわかる

まずはガジェットYouTuberのセゴリータ3世さんのレビューです。

コンパクトにまとめられたレビューで、「TE-BD21j」でどんな音が楽しめるのかが分かるレビューになっています。

音質

・低音域の歪みが少なく中高音域の広がりも滑らか

・ピヤホンの音作りは文句なし。

・映画館サウンドに近い

・音にメリハリがあって作り込まれた音であるのが分かる

・通常版はバランスのいい音で、ピヤホンは「凛として時雨」感のある音。クラブやライブ会場に近い音が楽しめる。

・イコライザーなしでもそんなに籠っている感じはしない。ノーマルで聴いていても楽しめると思う。

外音取り込み

・外音取り込みはサーっとした音が入って来てしまうのでそこは改善してほしいポイント。

その他

・コーデックはaptX adaptiveに対応しており、対応している再生機器を使えばより高音質で途切れにくくなっている。

・バッテリー持ちも良い。放置して適当に使っていても放電してバッテリーが無くなっていることはない。

全体の評価

・ナチュラルに聴きたい人は通常版。臨場感のある大迫力のサウンドを楽しみたい人はピヤホン。

・ワタナベカズマサ

▼【最高の音質】AVIOTの完全新作ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j-pnk」がついにやってきた…!

デザイン・付属品

【通常版】

・ケースの高級感が凄い。ジュラルミン製でカチカチひんやり。所有感が満たされるケース。

・イヤーピースは通常タイプとフォームタイプがそれぞれ3種類ずつ。

【ピヤホン3】

・ケースは同じ形状。違うのはサイドにゴールドのラインが入っているところと、ピヤホンのロゴがあるところ。

装着感

・装着感は前作よりも向上。着け心地は良好。

音質

【通常版】

・とにかく音質が凄まじい。10点中10点をあげて良いレベル。

・細かい音までクッキリ聴こえる。圧倒的に音の情報量が多い。音の解像度が凄まじく、クリアなサウンド。

・前作よりも耳に刺さる感じの高音がなくなって聴きやすくなった。普段聴こえていない音までクリアに聴こえてくる。3万円越えのイヤホンと比べても音質に関しては勝っていると言ってもいいクオリティ。

・音質だけで熱くなれるイヤホンは久しぶり。

【ピヤホン3】

・イヤホンのモノ自体は同じだけど、チューニングが違う。より低音の輪郭がクッキリしている。

・より没入感が強いのはピヤホン。

外音取り込み

・外音取り込みは少々機械っぽいところはあるが、普通に使えるレベル。

アプリ

【ピヤホン3】

・ボイスガイダンスがアニメ『PSYCHO-PASS』の主人公常守朱(CV花澤香菜)。アニメが好きな人には堪らない。

・好きな声優がボイスガイダンスしてくれるのはかなり嬉しいポイント。

・またボイスガイダンスは変更可能。同アニメに登場する武器・ドミネーターの音に変えることが出来る。

その他

・通話品質はめちゃくちゃ良いわけではないものの、普通に平均点なレベル。

・コーデックはaptX対応なのでコーデックによる恩恵も受けられる。

D01Mとの比較

D01MはNCあるため、そこが一番大きい差になっている。

・ピヤホンはとにかく音楽を楽しみたい人向け。D01Mはコスパ重視でノイズキャンセリングなどが欲しい人向け。

全体の評価

・音質に対するステータスを全振りしたようなイヤホン。

・価格は通常版が約14,000円、ピヤホンが約19,000円。

・5,000円の差額があるが、そこはボイスガイダンスやケースのデザインなどにどれだけ魅力を感じられるかだと思う。

eイヤホン

▼【ピヤホン】凛として時雨 ピエール中野さん監修!AVIOT TE-BD21j-pnkを徹底レビュー!

eイヤホンのレビューでは「ピヤホン3」を中心にレビューしています。

その中でも通常版にも共通する部分については分けてまとめています。

デザイン・付属品

【共通】

・前作よりもケースのサイズ感が一回りコンパクトに。

・イヤーピースはフォームタイプが入っているのも嬉しい。フォームタイプは耳へのフィット感と遮音性が高まるのでおすすめ。

・ストラップがあるので、付けておくとイヤホンが取れて床の転がってしまうのを防ぐことが出来る。

【ピヤホン3】

・手触りがマットでピヤホンの中でも一番高級感のあるデザイン。形も宝石箱っぽい。

・縁のアンティークゴールドのラインもワンポイントになっている。

装着感

【共通】

・装着感は若干イヤホンが大きく感じたため、イヤーピースを市販のものと付け替えるのもおすすめ。特に良いのはSpinFit CP360とAZLA SednaEarfit Light Short。

音質

【共通】

・ハイブリッド型のドライバーが搭載されているため、よりクオリティの高い音が楽しめる。

・低音で歪みの少ないダイナミックドライバーと感度が高く中高音域の再生が得意なBAドライバーが搭載されたことで、より幅広い音域のクオリティが向上している。

【ピヤホン3】

・音質は解像度が高いのが特徴で、通常版と比べると低音がより出ている。重すぎず迫力がある低音が実現されている。

・低音だけでなくクリアなサウンドや聴き心地のいい高音域も良い。

・クリアな音質だとどうしても耳に刺さるような高音というイメージがあるが、このイヤホンは高音が滑らかで丸みのある音になっている。

アプリ

【共通】

・外音取り込み中の音楽ボリュームはアプリで変更可能。

・おすすめの機能はイコライザーで、8種類のEQと自分で設定したイコライザーが使える。EQを変えることで幅広くイヤホンのおもしろさが体感できる。

【ピヤホン3】

・PNKチェンジャーのアプリを使うことでボイスチェンジャーを変更可能。常守朱ボイスからドミネーターに変更できる。

外音取り込み

・ピヤホンでは初めて外音取り込み機能が搭載されている。電車での乗り過ごしが減るため嬉しい。

・周囲の音についてはハッキリ取り込んでくれる。

全体の評価

・EDMやバンドサウンドが合うイヤホン。凛として時雨のような透明感がありつつパワフルな楽曲との相性は抜群。

・monograph

▼【最新ピヤホン有】やっぱりこれが、ワイヤレスイヤホン最高音質。

デザイン・付属品

【共通】

・持った時の質感が良い。前作よりもコンパクトにまとまっている。

・ジュラルミンで作られているので、持った時のずっしりした感じも所有感を満たされる。

・マグネットの磁力も強くなっているのでズレる心配もない。

【ピヤホン3】

・ケースにゴールドのラインが入っていてより渋い雰囲気が出ている。

・コラボモデルだが、デザインの主張が激しくないのは好印象。

装着感

【共通】

・フォームタイプのイヤーピースが付属されているのも良い。装着感が上がるのでおすすめ。

・装着感については低価格帯モデルのD01Mの方が良い。「TE-BD21j」はそこそこのフィット感。ズレることはないが、ちょっと付けたときの存在感がある感じ。

音質

【通常版】

・独自のトリプルドライバーが搭載。低音用のドライバー1基と中高音用のドライバー2基の3基構成。

・ドライバーが増えることによる恩恵はすさまじく、明確に音が変わる。

・エージングがメーカー推奨になっており、エージング後はより音の深みが増す。

・通常版はモニターライクですべての音のフラットに鳴らしてくれる。

【ピヤホン3】

・音に関しては間違いなくワイヤレスイヤホンの最高クラス。

・音の解像度が高く生に近い音が聴けるのが最大の特徴で、生の楽器の音に近い。

・音のキレが非常に良い。高音域の立ち上がりが早く、ボーカルの子音の発声やギターの弦の鳴り始めの音などがリアルに聴こえてくる。

・音場も広く、音の立体感も楽しめる。

・音が重なった時にちゃんと倍音が発生していて、音の広がりがちゃんと味わえる。

・ピヤホンはリスニングライクで聴いていて心地いい音になっている。特に低音域の存在感・広がりがすごい。ベースの鳴り方が非常にカッコよくバスドラムやティンパニーの響きのニュアンスもしっかり分かる。

外音取り込み

・外音取り込み機能は正直微妙。風の音や食器の音などが耳に刺さる感じなので、期待しない方がいい。

アプリ

【ピヤホン3】

・ボイスガイダンスはサイコパスの常守朱。可愛い声でアナウンスしてくれるのはかなりテンション上がる。

その他

・前モデルは専用の充電ケーブルが必要だったが、今作はUSB-Cで充電可能。

・通話品質は普通に使えるレベル。思ったよりもクリアな音で悪くない。

・必要な操作はすべてイヤホンだけで完結。タッチ操作でペアリングや外音取り込みなどの機能が使える。

全体の評価

・この音で14,000円は驚き。Noble Falcon Proよりもこっちの方が音は良いと思う。より繊細で音の広がりも感じられ、金額も半額近いので、こっちの方がおすすめ。

・通常版でも十分高音質だが、ピヤホンはポップスやロックをしっかり楽しみたい人におすすめなイヤホン。

・全体としての評価は難しいところで、音質だけなら最強のイヤホンだけどノイキャンが付いていないのでそこをどう考えるかによる。

-イヤホン

© 2022 もあサーチ Powered by AFFINGER5